カナダ留学・ワーキングホリデー手続きの完全代行サービス

カナダの不動産について

レンタル物件の場合は家主がローカル新聞に広告を載せていたり、「VACANCY」のサインが建物の前に出ているので、直接交渉をするのが一般的です。
購入の場合にはレンタル物件と同じように自分で交渉をするか、不動産業者に頼みます。
大きく分けて一戸建て住居、タウンハウス、コンドミニアムがありますが、カナダ都市部では5年に一度に家を買い換えるといわれている程不動産マーケットには活気があります。